Sunday, December 31, 2017

夢の中のエレベーター

 エレベーターに一人で乗っているとき。ほんとに確かに目的の場所に着けるのか。そんな不安が、ふと頭をよぎる。そんなときがある。
 ほかの人が乗っていても、着いた階で、たった一人で降りたとき、ここは目指す場所であるのかと、妙に不安になってくる。

 夢の中のエレベーターは、それはそれは恐ろしい。
 夢の中のエレベーターは、真っすぐ上に昇るとは限らない。真横に、斜めに、ゆっくりと回転しながら昇っていく。

 夢の中のエレベーターは、どこに連れていくのか、わからない。
 高層ビルの途中で止まる。そこはオフィス。どうも昔に勤めていた会社のようだ。
「おかえりなさい」と声がする。中途退社した私なのに、何事もなかったかのようだ。
 しばらく過ごし、ふたたびエレベータに乗る。

 少し上の階で停止する。そこもオフィス。どうやらこここは、独立した私が一番お世話になった得意先のようだ。
「あ、いらっしゃい」そして「やあ、しばらくぶりですね」と、なつかしい顔の人たちが声をかけてくる。
「ご無沙汰です。みなさん、お元気そうで何よりです」
 しばらく談笑し、忙しそうな雰囲気に遠慮して「ではまた」と退室する。
 そして、またエレベータに乗る。

 夢の中のエレベータは最上階に止まり、扉が開く。出ると、外は見たことがない世界。ここは、ひょっとすると黄泉の世界かも知れない。そんな直感がした。
 あわてて引き返した。扉はすぐに開いた。一階を押した。夢の中のエレベータは猛スピード降りた。だが、一階を通り超し、地下へ地下へと進んでいく。

 やがてエレベーターが停止しドアが開いた。ビルの地下室と思えた。誘われるように外に出る。頭上に薄明かり。見える先は暗い闇が続く。物音ひとつしない。振り返ると、いまさっき乗ってきた夢の中のエレベーターの扉は消え、そこには薄明かりが斜めに差した白い壁があるだけだった。

(暮らしに便利な情報)
大阪で家族みんなの荷物運び
高齢者施設への荷物や家庭のちょっとした荷物運びに便利です
全国各地から大阪周辺発の緊急荷物運送を手配する
全国から当日配送や翌朝のお届けが手配が可能 時間外や休日も受付しています

夢の中でのトイレ探し

 眠りの中の世界は恐怖の世界。私は、そこに入り込み、さんざん辛いめに合い、最後に必ず一人ぼっちにされ、うっすらと目が覚める。
 子どものころは、迷子になって、草木の生い茂った森の中や、でこぼこ岩の山道をさまよい、夜になると獣の鳴き声が聞こえ、足元に蛇やら虫やらが這い寄ってくる。あっちへこっちへ逃げ回り、最後に川の中に落っこちる。目が覚めると、布団が水濡れになっている。そんな感じで、しょっちゅう寝小便をしていた。
 少し大きくなってからは、学校の便所が嫌だった。大便をするのは泣きたいほどだった。汚かった。便器に先に入ったやつのが残っている。黄色いの黒いの、それぞれに臭くてたまらない。出ると必ず臭いが衣服に付着している、友だちのそばに恥ずかしくて行けない。そうして一人ぼっちになる。
 子どもの姿で出てくる夢を見ると、最後のほうには必ずトイレを探し回っている。なかなか見つからない。やっと見つけたら、やっぱり汚い。別を探そうと動き回るうちに迷子になる。夢の初めに一緒にいた人間たちの姿は消えている。見たこともない場所に、たった一人でいる。何年たっても、何度も何度も、よく似た夢が繰り返す。
 こういうのをトラウマというのだろうか。

Sunday, September 24, 2017

笑顔でいると乗り切れる

笑顔という屋号にしたので笑顔を絶やすわけにはいかない。
あまりのことに思わず顔を曇らせることも多々あるけれど、それは一瞬にして、どうにかして笑顔に戻る。
思い返せば、それで乗り切れたことがとても多いことに気がつく。


Monday, May 1, 2017

花のリレー ムスカリ



ムスカリ
笑顔おじさんの花のあるホームページ

普段の暮らしの中で見かける花についてコツコツと調べている趣味のサイトです

(暮らしに便利な情報)
家族みんなの荷物運び 豊中市
高齢者施設への荷物や家庭のちょっとした荷物運びに便利です

長野県から関西方面の旅行を身軽に
大阪 京都 奈良 神戸など関西を巡る旅行を手荷物を最少にして楽しみましょう

全国各地から大阪周辺発の緊急荷物運送を手配する
全国から当日配送や翌朝のお届けが手配が可能 時間外や休日も受付しています